5T君 夢の怖い話と怪談

  • はてなブックマークに追加

この怪談は、ツイキャスの高山 創さんから投稿された怖い話です。

(噂の管理人が編集しています。)

 

私が、小学校三年生の頃、

仲の良かったクラスメイトが亡くなりました。

 

その子とは、教室の席も、私が前で、友人もその後ろくらいで

地域の子ども会も同じで

よく遊んでいた事もあり、とても仲良しでした。

 

亡くなった時は、とても悲しかったのですが

家の都合で、葬儀にも行けず、お墓参りも一度も行けず

その後4年生になり、私はある地域に引っ越しました。

 

中学を卒業し

高校に入学し

そんな高校生になった頃なのですが

その頃から、ある夢を見るようになりました。

その夢とは、とても淋しそうにしてる亡くなった友人が夢に出てくるんです。

 

この夢を最初に見た時は、

私は、彼のことをすっかり忘れていたことに気づきました。

 

それから大人になっても

30年という月日が経過しても

記憶から薄れる度、亡くなった彼が夢に出てくるんです。

 

それと、少し不思議なことがあるんですが

私の出身大学にも Tと名前がつき

最初に住んでいた地域も T市

引っ越した地域も T町

そして、亡くなった彼の名前も T

 

 

噂の管理人の見解

もしかしたら、子供の時に、葬式にいけず

別れを告げられなかったことや 罪悪感などが

子供時代を考慮すれば、強く無意識に影響を与えたことから

例えば、強く忘れないと暗示がかかっているのかもしれません。

そういったことから、無意識に

そういった選択をしていったとも言えます。

確かに、引っ越す地域だけは、自分の選択ではないのですが

その引越し地域の名前から、ずっと頭から離れることのできない状況を生んだとも言えます。

 

心霊的に考えても 心理的に考えても

一度、彼にお別れを告げに行くのが良いかと思います。

 

心理的には、心理的に背負ったものをおろせるかもしれませんし

心霊的にいえば、彼が成仏できるとも言えます。