1封鎖された鉱山 森と山の怖い話 山にまつわる怖い話

  • はてなブックマークに追加

 

その鉱山、

今となっては、封鎖された鉱山の話ですが

かつて、この鉱山は、

観光地にしようとしていたのですが

その鉱山は、入り口を固く封鎖され

入ることはできないようになっている

そんな、鉱山にまつわる怖い話です。

 

この鉱山は、呪われている

そう言われてきたのには、

あまりにも、この鉱山で亡くなった人が多く

幽霊がでる 祟りが起こると語り継がれてきた。

 

年月が過ぎ、誰も近寄らないこの鉱山に

お坊さんが、この鉱山の近くに寺を建て、

この鉱山の怨念を鎮める為に、

この鉱山に住む形で、住みながら、日々除霊をしていたという

しかし、お坊さんの姿をあまり見かけなくなって

お坊さんの様子を見に行った村人が見たものは

お坊さんの変死体だったという

 

それ以来、村の住人は、

この鉱山の付近にすら近づくことがなくなったという

 

そういった話が、元々ある鉱山なので

観光地にするにあたって

一人の霊能者が、その鉱山に呼ばれた

その霊能者は、除霊するにあたって

集中する為に、一人にして欲しいと言い

鉱山の中に一人で入り、除霊していたそうですが

そのまま帰らぬ人となったという

 

こういった数々の怖い話が、生まれたこの鉱山は

オカルトブームで取り上げられることになり

霊能者を連れてきたのですが

撮影をしている間の宿泊先で、

霊能者がまたしても霊能者は、帰らぬ人となった

 

こうして、この鉱山は、観光地になることはなくなり

この鉱山の入り口は、今も固く封鎖されている。