14.玄関からの視線 笑える面白い怖い話

  • はてなブックマークに追加

あなたが、家に1人でいる時

急に、人の気配がして怖くなった事は、ありませんか?

 

なにか、玄関から

人の気配 視線を感じた事は、ありませんか?

 

これから話す話は、あなたにも起こるかもしれない

私が体験した話です。

 

私がある日の夜に 家で、1人でいると

なにか、人の気配を感じたのでした

 

そういった感覚というのは、昔もあり

それは、いつも決まって 玄関の方から

人の気配を感じたのですが

いつもの錯覚かと思い、気にしていなったのですが

 

やはり、その日だけは、

人の気配というより

人の視線を感じるのでした。

 

どこから、ともなく感じる視線といよりも

玄関の方から、視線を感じるのです。

 

恐る恐る、ゆっくりと

視線を感じる玄関の方を見ると

私は、驚いて『わ』っと声を出してしまいました。

 

誰かが覗いているんです。

 

それは、玄関のポストから誰かが覗いていました。

 

あまりの強さで、腰を抜かして

もう声も出ない状態でした。

 

そして、それは、ずっとこっち瞬きしずに

ずっと、こちらを見つめているのです。

 

しかし、あまりにも何も動きがない為に

違和感を感じ、勇気を出し近づいてみると

それは、大きな顔が印刷されたパンフレットでした(笑)