2監視 インターネットゲームの怖い話

  • はてなブックマークに追加

 

私は、ある事件に巻き込まれてから

環境を変える為に、引っ越ししてから、

友人と遊ぶ機会がなくなり

ずっとインターネットゲームに没頭していました。

 

しかし、新しい作品ができたので

そのゲームをやめるので、

せっかくなので一緒にずっとプレイしてきた人達に、

渡せるものをすべて渡してやめようと思ったので

一緒にやっていた人に、ゲームを辞めること、

アイテムなどを渡すことを連絡しました。

 

その後、連絡した人達から連絡がきたりしたのですが

一人のプレイヤーから、意味のない内容が送られてきました。

 

その内容は、その日の日時と感想みたいなことが

記載されていてたのですが

その内容は、次第に、

私と一緒にゲームしていることの喜びが記載されていました。

 

そして、そういった内容が永遠と送られ

私は、気持ち悪くなって、見るのをやめました。

 

恐らく私とやっている日、

全部の日記を送ってきているのだと思います。

 

そして、次の日になって見ると

それは、止まっていて

私は、最後の内容を見ると

永遠と私への思いが記載されていて

私の名前まで、記載されていました。

 

私は、その時

この相手の正体が誰なのかわかってしまいました。

 

その相手は、私がストーカーされ

接近禁止命令まででている相手で

しかも、その内容には、会いたい 行ってもいい?

と書かれており

住所は、記載していないものの

どうも私が引っ越した家も もう知っているようでした。

当然、私は、無理です。と返答し

 

私は、怖くなり

部屋に盗聴器などが隠されていないか業者に探してもらい

結局、見つかることはなかったのですが

以前、お世話になった警察に相談するものの

ゲーム上のことなので、どうしようもできないということでした。

 

私は、それ以来、インターネットゲームをすることは、なくなりました。