1いつもいる インターネットゲームの怖い話 怪談

  • はてなブックマークに追加

 

インターネットゲームで、

ずっと同じ場所で、

ただ、立っているプレイヤーがいた。

 

いつも、毎回 同じ場所に

立ち続けているキャラクター

気になって、声をかけてみると

 

結局、何も返事がなかった

 

それでも、そのゲームをしていると

毎回、そこに

立ち続けているキャラクター

 

時々、気になっては、声をかけたり

しても返事がなく

ゲーム制作側の何かのプレイヤーだと思い

 

そのプレイヤーに

イタズラするようになっていきました。

 

ある日、そのキャラクターに

いつものようにイタズラしていたら、

そのキャラクターが突然、動き出し

 

友達になろう 友達になろう

一緒に 一緒に 行こうよ と

連続してメッセージを送ってきました。

 

その時は、怖いと思わず

話のネタになる 自慢できると思って

いいよ、といって

相手と、ゲーム上で友達になりました。

 

しかし、それからというもの

そのゲームにログインすると

必ず、先に、ログインして待っているのです。

 

ずっと無言で、ついてくるプレイヤー

途中から、段々と気持ち悪くなり

それは、次第に恐怖に変わっていき

私は、ゲームをやめました。