9御霊信仰 短編 短い怖い話と怪談

  • はてなブックマークに追加

御霊信仰とは(ごりょうしんこう)

天災や病の発生を、

怨みなどを抱え成仏できない怨霊の仕業と考え

「怨霊→御霊」すなわち神とすることで

怨霊の恨みを鎮め

祟りや呪いから、身を守る信仰

 

こう聞くと

聞こえのいいものだが

 

これは、言い方を帰ると

これは、恨まれる相手 祟られる相手を

小さな祠に、閉じ込め封印しているようにも見える