8.音楽室の怖い話 学校の七不思議

  • はてなブックマークに追加

みんなの疑問が真相を解き明かす いいね押してね

 

音楽室の怖い話

音楽室といえば肖像化

学校の七不思議といえば、音楽室

 

その音楽室にある

ベートーヴェン、モーツァルト、バッハ

といった飾られている肖像画が

夜中になると
・肖像画の目が光る
・肖像画の目が動く

といったことが、

学校の七不思議として噂されています。

 

死者の演奏

音楽室といえば、もう1つ定番の怖い話があります。

それは、

この世に未練を残した幽霊が
 夜になると演奏する と言った怖い話

その幽霊の正体は、2つあり

1.幽霊になった、先生

2.幽霊になった、生徒

と言われている。

 

その昔は、

また、昔は、音楽室のピアノから聞こえる音楽というのは、

「エリーゼのために」が流れ出すといった単純な怖い話でした。

 

語り継がれる、学校の七不思議

この音楽室の怖い話というのは、語り継がれてきた学校の怪談と言えます。

それを示すように、肖像化の目が動くというシンプルな怖い話から

ピアノから流れ出す演奏が

いつの日にからか、死者の演奏へと

現実味のある怖い話になっていったことが

語り継がれてきた歴史を物語っていると言えます。