1水道水 人怖より怖い消されちゃう話

日本の水道の水は、

世界でも綺麗な水だと思わているが

実は、塩素濃度が、世界でもトップクラスで高い

 

その為か、外国人が

日本に来ると、お風呂の水の塩素で

肌が荒れてしまう程である。

 

実際、長い期間

海外に行って、日本に戻ると

肌が荒れるのがわかる。

 

どうして、そんなにも塩素が濃いのか?

それは、水道に流す前の水が

実は、大変汚れており

 

また、どんなに綺麗にしたところで、

家庭の蛇口から水がでる前が汚れている為

それを水道として、飲めるようにするには、

塩素を濃くするしかない

その為、世界でもトップクラスの塩素濃度になっている。

 

だから、水は、透明だから

綺麗だとは言えない

 

機械で、測定すれば

水が、どれくら汚れているかわかる

実際に、日本の水道水のレベルは、ドイツのプールより汚く

 

そのドイルの水道水は、

ミネラルウォーターレベルの綺麗さだという

ちなみに、先進国では、浄水器を使うの常識になっている。

 

さらに、不思議なことに、

欧州(ヨーロッパ)で使われている浄水システムの一部は

日本製である。