噂の怖い話 体験怪談010 旅館の帰り道

  • はてなブックマークに追加

 

みなさん、こんばんわ噂の管理人です。

 

ある日、急に怪談の世界に引きずり込まれていく

それが、いつ始まったのかも、わからない

それが、いつ終わったのかも、わからない

なにが、原因だったのかさえも わからない

怪談の多くは、そんな話が多いのです。

 

今から、お話させて頂く怪談は、

そんな怖い話になります。

 

旅館への帰り道

体験者:噂の管理人

 

ある年の夏に体験した話なんですが、

友人に遊園地に行くことを誘われて、

電車とバスを使って遊園地に行きました。

 

行きは、出発時間が遅くなり

バスを待っている時間が、もったいないということで

タクシーを使い

 

帰りは、バスの予定だったのですが、

帰りの駅まで向うバスがなくなり

タクシーで駅に向うことにしました。

 

ただ、帰りが遅くなってしまったこともあり

もしかしたら、乗り換える時に

終電に間に合わないかもしれないということや

疲れてしまったということもあり

このまま、どこかに泊まろうということになり

タクシーの運転手に

どこか近くに泊まるところありますか?

良ければ、紹介して欲しいんだんけどと言うと

こういった事がよくあるようで

オススメの旅館に泊まることになりました。

 

ただ、急に泊まることになったので

食事の提供ができないということで

お腹が空いて、どこかに食べに行こうかと思ったのですが

周りには、民家しかなく

近くのコンビニに行こうと思いました。

 

旅館の人に、コンビニが、どこにあるか聞くと

自転車を貸してくれて、道を教えてくれました。

 

「近くにあるよ、この道を真っ直ぐ、進むだけ」ということで

真っ暗な道を三人で自転車をこぎはじめたのですが

こいでも こいでも 一向につかないんです。

1時間ぐらいした時でしょうか

ようやく、コンビニにつきました。

噂の怖い話 体験怪談010 旅館の帰り道

帰りは、あまりにも遠いので疲れているし

ゆっくり帰ろうということになり

ゆっくり自転車をこいで帰りはじめました。

当然、行きは、1時間ぐらいだったので

帰りは、1時間以上かかるはずなのですが

行きの時に、覚えていた神社か寺なのですが

あれ、ここ こんなに早く通るだろうかと思い

友人に、ここんなに早かったけと聞いたんですが

友人は覚えておらず

私の思い違いだと思っていたのですが

旅館につくと。20分ぐらいで着いてしまい

30分もしない内についてしまったのです。

 

この話、その後 話があるのですが

後日、友人から、

帰りのタクシーで撮影した写真を一枚見せられたのですが

 

その写真というのは、僕がタクシーの車内で

友人にカメラを向けて撮影した写真なのですが

噂の怖い話 体験怪談010 旅館の帰り道

 

よく見ると、友人の首あたりに

小さい女性の顔が、はっきり写っていたんです。

 

心霊・怪談 考察

正直、あれは一体なんだったんだろうか?

そんな話なんですが、

この話を放送で紹介したら

原因は、なんだろうか?という事になったのですが

この話をしている時に、一つ気付いたことがあるんです。

 

もしかしたら、ということが一つだけあります。

 

というのも、今でもよく覚えているのですが

このタクシーの運転手

運転中の車の中で、なにやら不思議な話をするんです。

どいう話かというと

 

タクシーの運転手

「お兄ちゃん、そういえばね、こうやって夏になると

 バスに乗り遅れた若い女性たちが、よくいるんだよ

 中には、お金がない子もタクシーに乗ってくるんだよ

 そしてね・・・・・」

 

こんん話をされた事を踏まえて、よく考えると

行きも帰りも同じタクシーの運転手

帰り遊園地で、同じタクシーが、ずっと待っていたのです。

 

このタクシーの運転手もしかして・・・

 

それが原因であれば、過去に何かあった女性の恨みが

心霊写真の原因と繋がるといえます。