6そこに立つ者 家で起きた怖い話 怪談

  • はてなブックマークに追加

これは、ツイキャスの亜美さんが、投稿してくれた話です。

 

私には、霊感がなく普段幽霊が見えることはりません。

そんな私の体験です。

 

私の実家には母と義理の父が住んでいます。

たまに、私と妹で、実家に帰るのですが、

私には、霊感がなく普段幽霊が見えることがないのに

実家に帰った時に、必ず見てしまうものがあるんです。

 

実家の居間から

ちょうど玄関が見えるのですが、

その玄関に、毎回女の人が立っているのが見えるんです。

 

ただ不思議なことに

実家に、住んでる時には、一度も見たことがなかったのですが、

実家を出てから、帰るたびに、必ず見えるようになりました。

 

最初は気のせいと思っていたんですが、

テレビを見ていても

本を読んでいても、

ずっと玄関に立っているんです。

 

何年かしたある日、

また実家に妹と帰った時に

やっぱり夜中になると、玄関に立っていました。

 

私は、信じてもらえないと思っていて

今まで、そのことを黙っていたのですが

意を決して、妹に

私「玄関に誰かいない?」って聞いてみました。

 

そしたら妹が

妹「やっぱりいるよね」って。

私『いつから気付いてた?』そう聞くと、

妹『何年か前から』そう言われ

 

私達は、姉妹二人で見ている者が、どんな者なのか

二人で、何が見えているか、1つずつ言い合ってみたんです。

女の人

白いワンピース

ツバが広く深い帽子

髪が長い

顔はよくわからない・・・

私達、姉妹には、霊感がないのに

見ている者は、全く同じ者でした。

 

ただ、不思議なことに、

見えているものに対しての怖さはありまでんでした。

 

翌日、母に二人で、そのことを話すと

母にもまったく同じものが見えていて

しかも、「女の人がいる」そこまでしか話していなかったのに

立っている場所

立っている位置

見えている者

ましても、全く同じだったんです。

 

ただ、不思議なことに、

何故か、義理の父にだけは、見えてないらしく、

母親から、義理の父親に

その事を 何年も前から、聞かされていたらしく

それでも、義理の父には、見えることはなかったようです。

 

ただ、この事を母親が義理の父に伝えた

見えている者の姿が

義理の父のある人の姿に似ているというのです。

 

それは、義理の父の母は、未婚で義理の父を産み、

そのまま、祖父母に、義理の父の預けたまま

蒸発してしまったようで

その後、若くして亡くなったらしいのですが、

 

亡くなる前に、一度だけ義理の父に

母親が逢いに来たことがあったらしく、

その時の格好が、

母と私と妹に見えていた格好だったらしいです。

 

ここで、とても不可解なのは、

義理の父が子供の頃亡くなっているので、もちろん面識すらないので

その姿というのは、私達には、記憶すらなく

なぜ、私達三人だけ見えているのでしょうか?

 

今でも、その謎だけが残っています。