5母への供養 家で起きた怖い話 怪談

  • はてなブックマークに追加

 

これは、ツイキャスのアキラさんから投稿された話です。

(噂の管理人が、多少編集したものになります。)

 

2010年頃に、

当時 彼女と同棲していた家で体験した話です。

 

当時の彼女と同棲中、仕事の都合などの関係で

なかなか、実家に帰れない時期が、何年か続いていて

それで、実家の仏壇を世話をできていませんでした。

 

そのせいか、ある日を境に

何日も、何日も、

亡くなった母親が、夢にてでくるようになり

 

信頼のおける神社の神主さんに、相談したら

仏壇の世話ができないのであれば

実家に戻らなくてもできる

供養の仕方があるということで

その供養の仕方を教えてもらえることになりました。

 

その日に、教えてもらったとおりにやってみると

すると、効果があったのか

その日から、母親が夢にでてくることはなくなりました。

 

ただ、その供養を行ったのが、冬だったのですが

翌年の夏のお盆にも、

実家に帰ることなく過ごしてしまっていて

 

それが影響してなのか、

ある日の夜中に、寝てい最中に

まるで、何かが激突するようなドーンという

ものすごい大きな音が聞こえ

ビックリして飛び起きるうに起きて

 

同棲していた彼女に

自分『今の音聞こえた?』と聞くと

彼女は、『何も聞こえなかった』と言われました。

 

あれが、一体なんだたのかわかりませんが

時期から、考えて、母親からのメッセージだったのでしょうか?

という不思議な体験です。

 

裏タイトルは、陰膳