3祖母の部屋 押入れ2 家で起きた怖い話 怪談

  • はてなブックマークに追加

 

これは、私が、昔住んでいた家の話なのです。

 

その当時、祖母が亡くなったのですが

一般的な家庭であれば

祖母の部屋の遺品整理をするところなのですが

 

生前祖母は、何かの信仰をしていたようなのですが

それは、オカルト地味ているというか

そんな変わった信仰をしていました。

 

それで、家族で、祖母の遺品整理をしていると

やはり、それに関係するものが、

たくさんでてきて 何か気味が悪くなり

 

私だけでなく、他の家族も

そう思っていたと思うのですが

今日は、もう整理するのは、やめようかということになり

その日は、遺品整理をするのを中断しました。

 

やはり、他の家族も気味悪く思っていたのもあって

その後も、誰も祖母の遺品整理をしようとしず

祖母の部屋は、そのまま放置されたままになっていました。

 

何がキッカケだったのかわかりませんが

始まりは、葬式が終わった後ぐらいだと思うのですが

家の中で、気のせいなのかなと思う感じで

影のようなものを見るようになり

時々、廊下から、歩く音ではないのですが

ミシっという足音のようなものが聞こえるようになりました。

 

最初は、家のきしむ音だと思っていたのですが

ある日いつもなら、ミシっという音だけで終わっていたのが

ミシ ミシという音に変わり

今でもあの音が忘れられないほど

恐怖を感じたのを覚えています。

 

翌朝

父と母と私で、朝食を食べているときに

私から、昨日の出来事の話をすると

父も母も同じ音を聞いていて

それ以前から、気になっていることはあったんだけれど

気のせいかもしれないから、

お互いに怖がるといけないから黙っていて

 

いつもあの同じ時間帯に聞こえてくる音が

気になって、その時間帯まで寝れなくて

その日も家族全員が、みんな起きていたので

あの音を家族全員が聞いていたのでした。

 

私達、家族は、祖父母が葬式を上げても

まだ成仏でいないのだと思い

だから、霊能者に除霊してもらおうということになり

親が、知人づてに、霊能者を探し

その霊能者に除霊してもらうことになりました。

 

そこで不思議なことなのですが

最初に、その霊能者に連絡したとき

家で心霊現象が起きたり

多分・祖母の霊が成仏できていないのでは

という話をすると

 

霊能者の方は、祖母の部屋に

受話器を一分ほどおいてくださいと言われ

一分ぐらいしてから、霊能者の方と話すと

 

これは、問題が深刻なので、

除霊代10万円 交通費や宿泊費などで10万円で

合計20万円になりますと言われました。

 

ここで、先払いして、

その後に霊能者と音信不通になるなら

詐欺にあったと思うのですが

お金は、同じ現象が起きないことを確認してからの

後払いということで、良心的に感じました。

 

しかし、なぜか、その後

その霊能者の方から連絡がくることもなく

霊能者の方に、連絡しても繋がらず

住所に記載されていた、家に向うも

その方に会うことができず。

近所の方に聞くと、行方がわからなくなっていました。

 

私達、家族は、その事実を知ったときに

とても怖くなってしまい

元々、祖父母の介護の為に、元住んでいた家から引っ越してきていたので

まだ売っていなかった、前の家に戻ることにして

祖父母が住んでいた家は、売り払うことにしました。

その家が、今どうなっているかわかりません。