4あの男 幽霊よりも怖い 人間の怖い話

  • はてなブックマークに追加

生放送ツイキャスのリュウマさんから、投稿された怖い話です。

 

僕は、毎日朝早くに起きて ランニングにいくのが趣味です。

 

その日も いつものコースを走っていると

前方に同じ方向で歩いている男性がいました。

 

しかし、その男性、明らかに、何かおかしい感じだったのですが

近づくと、その人は、なんと怪我をしているのか、血を流していたんです。

 

でも、少し気味が悪いというか、

何かに巻き込まれてしまうのではないかという不安から

そのまま通り過ぎようとしたんですが

気になってしまい、好奇心から、少し顔を覗いて見てしまったんです。

 

その時、運が悪く目が合ってしまいヤバイ そう思い

そのまま通り過ぎるように走っていたのですが

その男性が、僕が追い越した途端に、歩くペースを上げてきたんです。

 

あまりの怖さで、走るぺースを上げたのですが

走るペースに合わせて、向こうも着いてきて

最後には、走って追いかけられている状態になり

 

あまりの怖さで、近くの友達の家に行こうと思い

全力で、友達の家まで走ることにして

友達の家に着いて、チャイムを鳴らして家に入れてもらいました。

 

友達の親に、事情を説明したら

「車で家まで送ってあげる」と言ってくれ

家まで、で送ってもらことにしました。

 

しかし、車に乗るために外に出たら

あの男が、友達の家の近くまで歩いてきていたんです。

 

僕は、何も言葉を発して(言って)いなかったのに

 

僕の怯えている姿から

友達のお父さんが察してくれて

「伏せていなさい。着いたら教えてあげるから。」と言われ

僕の家まで送ってもらい

僕が家に入るまで、友達のお父さんは、見ていてくれました。

 

当然、僕は、家の扉の鍵とチェーンをかけて部屋で怯えていましたが

その日も学校があったので、

いつもは自転車なのですが、その日はバスで行きました。

 

ただ、学校から帰った時に、

家のテレビをつけてニュースを見ていたら、

あの男が写っているんです。

 

そのニュースは、殺人事件のニュースで

その事件は、男は、自分の家族を殺害した事件だったのです。

 

男は、家族を刺し逃走しており

逮捕されたというニュースでした。

 

しかも、逃走中に、

男は、家族を刺した凶器を持って逃走していたというのです。

 

僕は、あの時 逃げ切れなかったらと思うと

あまりの恐怖で、全身、鳥肌が立つほど恐怖を感じたのを

今でも鮮明に覚えています。

 

あの男性、僕が好奇心で、顔を覗いてしまった為に

顔を覚えられたと思い

口封じに、危うく 殺されてしまうところだったかもしれない

そんな人の怖い話しです。