2あのタクシー運転手 幽霊よりも怖い 人間の怖い話

  • はてなブックマークに追加

生放送ツイキャスの あられさんから、投稿された怖い話です。

 

これは、私がバイトしている

バイト先の先輩の話です。

 

その先輩は、昔キャバ嬢をやっていて

その当時は、帰りが遅いといつもタクシーで帰っていました。

 

その日、拾ったタクシーの運転手さんは。

優しそうなおじさんでしたが

先輩は、顔が綺麗な上、愛想もいい女性ということもあり

タクシーの運転手に、家がバレないように

家から少し離れた場所を目的地ににして、

タクシーの運転手と、他愛のない話をしながら目的に向かっていました。

 

目的に着いて、

タクシーの運転手にお金を払おうとすると

タクシーの運転手が
「きみかわいいし、愛想もいいからタダでいいよ。これからの仕事の送迎は全部僕がしようか?」

と言われ名刺を渡されたそうです。

 

確かに、タクシーの運転手としては、

料金を安くしたりしてキャバ嬢を固定客にした方が

安定した売上が出せるので、そういった話はあるのですが

 

先輩は、その時のタクシーの運転手の表情が

何かニタァ、と笑っているような

何かやましい事を考えている表情に見え、

しかも、お金を払わなくていいタダということで、

何か他の目的があるのでは?と気持ち悪い話だと思い、

受け取ろうとしないお金を無理やり置いて

「ありがとうございました」と言って家に帰ったそうです。

 

 

そして、後日

キャバクラの仕事から帰宅しようと店から出ると

あの時のタクシー運転手が、

ちょうど先輩の前に通りかかり

タクシー運転手
「〇〇ちゃん、家まで送っていくよ」

と運転手に声をかけられたそうです。

 

先輩は、その運転手が店に来てもないのに、

源氏名(仕事で使っている名前)で呼びかけてきたので

どうして源氏名を知っているのかと思い、少しゾッとしたそうです。

 

 

そして、日を明けて出勤した日にも

また、あのタクシーの運転手が、図ったかのように、また現れて

さすがに、偶然ではない、おかしいと思い

 

先輩は「別のタクシーに送迎を頼んでいるので大丈夫です」と 

とっさに嘘をついて、走って、そのタクシーから離れ、

道を曲がったところで、すぐに別のタクシーを捕まえたつかまえて

その日は、逃げたのですが

 

 

しかし、その後も

キャバクラの仕事から帰ろうとすると

店から出る度に、例のタクシーが近くを走っているのが見え

さすがに、不安や恐怖から、気持ち悪さを感じ

先輩は、その日から、店先で信頼できるタクシー運転手を紹介してもらい、

固定の送迎を頼むことにしたそうです。

 

 

固定の送迎を頼むようになってから一週間ほど経った頃、

夜中に帰宅してから家でくつろいでいると、

「ピンポーン」とチャイムがなりました。

 

こんな夜中に、誰か来るなんておかしいと思い

怖さを感じたこともあり無視をしていたら

「ピンピンピンポピンポピンポピンポ…」

とチャイムを鬼のように鳴らされ続け、

 

チャイムが鳴り止んだかと思うと

ガンガンガン ガンガンガンと扉を叩かれたそうです。

 

あまりの恐怖で身動きできなくなっていると

「〇〇ちゃーん」「〇〇ちゃーん」

とあのタクシーの運転手の声が聞こえたそうです。

 

そこで、携帯電話で、当時のバイト先の店長を呼んで

家に向かってもらったのですが

しかし、店長がくるまでに、運転手はどこかへ去ってしまい

その後、あののタクシーは先輩の前に現れなくなったそうで

 

先輩は、後日引越し

その後なにも怒らなかったので警察沙汰にはしなかったそうです。