12ろくろ首 童話民謡の怖い話と怪談

  • はてなブックマークに追加

 

ろくろ首の怖い話

その女性は、どんな男でも

見とれてしまう程の美貌を持っているという

 

しかし、声をかけて、二人きっりになると

表情が豹変して、首が伸びて追いかけてくるという

首が長くなる幽霊の怖い話です。

 

あなたが夜 見たあの美人

それは、ろくろ首かもしれません。

 

ろくろ首の意味するところ

ろくろ首の発祥は、京都・大阪・江戸

時代幅は大きくありますが、これらの時代かと思われます。

 

多くの妖怪・幽霊の話は、

日本での内乱が多い時代が影響していると思われ

ろくろ首の発祥は、

首が切られる 首が晒されている 首が転がっている

そんな恐怖から生まれた幽霊だと思われます。

 

この怖い話に限っては、江戸なのではないでしょうか

首が長くなる怖い話の前は、

首が抜けるとか、転がっているみたいな話でしかなく

 

この首の長くなる話が江戸時代とするなら

怪談お岩の話の時代背景から、当時の江戸を知れば

男性が、綺麗な女性に誘惑されて浮気しないように

そいった話が生まれたと考えると

辻褄が合うように思えます。

 

ろくろ首に思うこと

常時、首が長い訳ではなく

首が伸びるだけであれば

そんな絶世の美女であれば、

この幽霊なら見てみたいものです。

 

と思う人は、現代であれば、多いのではないでしょうか

こういった所が、怪談・怖い話の興味深さ、だったりします。